2017年5月25日

残酷な描写が苦手な人は読むべからず 『殺しすぎた人々 性的サディズムからカルトまで』


本書では、連続殺人と大量殺人を分けてあり、前半が連続殺人鬼、後半が大量殺人を扱っている。この二つはどう違うかというと、連続殺人が年月をかけて殺していくのに対して、大量殺人は一日、時には数十分で何十人という殺人を犯す。ちなみに、「多重殺人」はこの両方をさす。一瞬のインパクトは大量殺人のほうが大きいが、連続殺人では犯人が逮捕されるまでの社会不安が大きい。また、大量殺人に対しては怒りがこみ上げるのに対して、連続殺人鬼では逮捕された後に明かされる不気味で異常な行動に気分が悪くなる。

本書を読んで、アメリカは多重殺人がこんなにも多いのかと驚く。個々のケースはある程度要点が絞られており、殺害の様子が細部まで緻密に描かれるわけではないのだが、それでも思わず顔をしかめたり、小休止して脳と心を冷却させたりしなければいけないところが多々あった。

アメリカ版「新潮45犯罪シリーズ」といったところだが、新潮45に比べると、特に後半の大量殺人に関して、いくぶん社会分析くさくなるのが目障りだった。

「多重殺人は、通常は精神の病気のせいではない。精神病による幻覚妄想で殺人を犯そうとする者もいることは確かだが、遂行能力が低下していて多重殺人には到りにくい」という著者の意見には賛成だ。また、社会や境遇が原因で多重殺人を犯すなんてのは論外だ。

そして、著者はこう語る。
生物学的、心理学的、社会学的、経済学的困難を負っているにしても、多重殺人者はふつう、どう行動するか、どう行動しないかを自分で決定する能力がある。
読んで気持ちの良いものではないので、万人にお勧めできる本ではない。

0 件のコメント:

コメントを投稿