2012年7月19日


平安の都で陰陽師が活躍する話。夢枕獏の『陰陽師』とは趣きが違うが、こちらも面白い。全ての怪異が鬼の仕業というわけではなく、蓋を開ければ人間の欲からくることだった、なんてところが良い。
文字数は多くなく、あっという間に読み終える。

0 件のコメント:

コメントを投稿