2012年9月30日

「言葉」というのは「色」と似ている

ちょっと前の年寄りは、信号機の「青」を「緑」と言った。昔はきっと「緑」で正解だったのだろう。でも今は「青」が正解だ。見た目の色が違っているから? いや、そうじゃないと思う。なぜなら、俺が子どものころ、信号は「青」だと教わったが、年寄りは同じ色を見て「緑」だと言っていた。

 俺がピンクと思っているものだって、若い子からすれば、ショッキング・ピンクとかビビッド・ピンクとかパステル・ピンクとか、いろいろあるのだと思う。いや、俺がピンクと思っているのが実は「赤」に入っているのかもしれないし、もっと違う色なのかもしれない。

 「にやける」の正解が1割だったからといって、残り9割が同じ意味を共有しているとは限らないけれど、半数くらいは「大体同じ意味」を共有したはずだ。1割しか正解されない「言葉」の「意味」は、より多数が共有する「意味」を正解として良いんじゃないだろうか。
「まったり」「がっつり」多用=20~30代の半数超-「にやける」正解は1割台

20~30代の6割以上が「ゆっくり、のんびりする」の意味で「まったりする」を使い、7割の人が「にやける」(なよなよしている)の意味を取り違えていたことが20日、文化庁の国語に関する世論調査で分かった。  言葉遣いに気を使っている人は、10~50代の各年代で8割を超えるなど、過去2回の調査と比べ最多だった。  一方、話し言葉として新語を普段使うか尋ねると、「まったり」や、「しっかり、たくさん」という意味で「がっつり」を使うと答えた人は10代でほぼ半数、20代で6割を超えた。  「中途半端でない」という意味での「半端ない」、「正反対」を表す「真逆」を使う人も10代で6割を超え、10~30代を中心に新語を使う人の割合が高かった。  一方、「にやける」や「割愛」(惜しいものを手放す)の意味を正しく理解していた人は1割台にとどまり、それぞれ「薄笑いを浮かべる」、「不要なものを捨てる」と間違えている人が多かった。「舌先三寸」を「口先三寸」とするなど慣用句の誤用も目立った。  文化庁国語課は「言葉は変わっていくので、全て誤用と言い切れない」とする一方、「意味を理解せぬまま誤った使われ方を見聞きし、そのまま覚えてしまうのではないか」としている。(2012/09/20-17:10)

0 件のコメント:

コメントを投稿