2014年4月23日

折れた竜骨

折れた竜骨 上
折れた竜骨 下
なんとなくファンタジー戦記ものを予想していたら、ファンタジー系ミステリだった。そして、面白かった! いやー、好きだな、こういう雰囲気。米澤穂信の本は過去に2冊読んだんだっけか。どちらもそう面白いとは感じなかったんだけれど、これは良かった。改めて米澤の本をどれか買ってみようかという気になるレベル。一応書いておくと、二冊組で多そうに感じるけれど、中身はライトノベル。

0 件のコメント:

コメントを投稿