2012年7月18日

脳波計は購入しないことに決まりました

この島には公立の病院が三つある。そのうちの一つである当院に精神科が常設されており、車で二時間の距離にあるへき地病院には一ヶ月に二回、一泊二日で俺と指導医が交代で出張診療に行っている。

そのへき地病院の脳波計が最近壊れたらしい。そして、新しい脳波計は購入しないことに決まったそうだ。確かに、脳波まで診る内科医は多くないし、月に四日しか精神科医がおらず、しかも脳波をとることはあまりないので、新たに買うのは勿体ない。かといって、脳波検査のためだけに車で二時間かけて当院まで来てもらうのも、患者にとっては大変なことこの上ない。

仕方がないことではあるが、今から新たに田舎に住もうかと考えている人には、こういう不便がありとあらゆるところで出てくるので、それなりの覚悟が必要だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿