2014年11月28日

わが息子よ、君はどう生きるか

本好きな人には、本の神様が良い出会いを用意してくれているのかもしれない。

高校に入学して、1学期の試験成績はクラスの下から3番目くらいだった。決してレベルの高い学校ではなかった。長年、県内の公立高校のすべり止めだった私立高校で、これから進学校になっていこうとしている時期だった。俺の入った進学クラスは3期生、つまりまだ卒業生はおらず、進学クラスの実績がどうなのか分からない段階だった。そして同級生は公立高校の真ん中より少し上くらいの人が多かった。そんな中での下から3番目である。ただ、国語の成績だけは1位だった。

「俺はこんなハイレベルなところではやっていけない」
そう思って、母に塾に行かせてくれと頼んだことがある。ところが国語の先生でもある担任が、1学期終わりの三者面談の時に、
「これだけ国語ができる子は伸びますよ」
と言っていたものだから、母はその言葉をまるっと信じてしまった。それに、
「もし成績が伸びなくても、大学附属の高校なんだから、最低でもあそこには入れるよ」
と暢気なものだった。それからすぐに出会ったのがこの本。

わが息子よ、君はどう生きるか
生まれて初めて出会った自己啓発本で、読みふけって、感銘を受けて、あっという間に読み終えて、書いてあることを素直に実践したら、2学期の成績はクラス2位になった。1位の友人は現役で国立医学部に入った。

この本に出会わなければ、今の自分はないと断言できる。

なんでも口に入れる

DSC01756サクラは臆病だからか、あまりあれこれ口に入れるようなことはしなかった。おしゃぶりも拒否したし、あれこれ食べるようになっても、初めて見るお菓子はまずペロッとなめて、それから少しかじって、といった具合に食べ進める。

それに対してユウは、なんでも口に持っていく。昨夜、サクラのおもちゃをユウに握らせてみたところ、それをサクラがさっと取り上げて、

「なんでもくちにいれる」

と言っていた。親のすることをよく見て、親の言うことをよく聞いているなぁとつくづく感心すると同時に、これは迂闊なことは言ったりしたりできないぞと気が引き締まる。

2014年11月27日

「戦いません、勝つまでは」という姿勢で、親に寄生する人たち

20代、30代で、親に寄生しているとしか言いようがない人たちに、診察室で親の年齢を尋ねてみると、
「55歳……くらい?」
と首を傾げることが多い。親に頼っていながら、親の年齢を知らないのだ。同席する親に正確な年齢を確認し、
「20年後、君とお母さんは何歳になっている? どうやって生活するの?」
と聞くと、人によっては「うーん」と考え込む。そこで、
「まぁ、日本には生活保護もあるからね」
と言ってみると、「いやそれはちょっと……」と苦笑されるか、時には、
「それはプライドが許さない!」
と即答されることもある。

親に寄生しながら、自分の将来には目を向けず、しかし生活保護のニュースには過敏に反応して批難している人たち、実はけっこういるんじゃないのかなぁ?

ある引きこもりの若者が言う。
「一回働いてみて、社会に合わないことが分かったし……。でも自立したいとは思うから、そのうち合うところが見つかれば働こうかなとは思っている」
これは彼が特別なわけではなく、これと似たようなことを言う引きこもり・半ひきこもり・親寄生の若者は多い。それに対してはこんな風に答えるようにしている。
「家でゴロゴロして仕事探しなんてしていないのに、合うところが見つかるわけがないでしょ。それは、自転車で転ばなくなったら自転車に乗ります、と言っているようなものだよ

親に寄生しているタイプの若者を表すとしたら、こうだ。

「戦いません、勝つまでは」

戦わないこと、撤退することは悪いことではないけれど、それで勝利まで欲しがるのはムシがよすぎる。勝つまでは戦わない、という矛盾した姿勢に気づかない限り、自分が自分に与えるストレスは大きいだろう。

船の上から

DSC00632

DSC00638

DSC00640

DSC00651

DSC00654

DSC00659

2014年11月26日

だいじょうぶよ!

IMG_0159
最近感心したこと。

次女ユウが泣いていると、サクラが枕もとに行って、

「だいじょうぶよー、パパとママがいるからだいじょうぶよー」

なんて言うのだ。

それだけでなく、先日の健診の時には、見知らぬ年上の男の子が泣いているのを見つけ、近くに行って、

「だいじょうぶよ、ほら、ママがいるから、だいじょうぶ」

と言っていたらしい。これにはその場にいたママたち、それから健診の看護師さんたちも爆笑しつつ感心していたそうだ。

鉄の骨


池井戸潤の小説。建設会社の若手サラリーマンを主人公にした群像劇で、テーマは談合。それにミステリの要素が少し入っている。672ページという分厚いモンスター文庫だが、文章量は決して多くはなく、また難しい話でもないので、読み進めるのが苦になることはない。

池井戸の描く銀行員や会社員を見るたびに、脱サラして良かったと思う。俺には競争が向いていない……。

2014年11月25日

心理療法における支持

精神科医になりたての頃は、かなり薬物療法に偏ったというか、薬に頼りきった考え方をしていた。
「これだけ良い薬が出ているんだから、今や言葉で治すなんて時代じゃない」
大雑把に言えば、そんな風に思っていた。

あれからいろいろ経験し、言葉の持つ力に何度となく驚かされた今、精神療法というものの大切さ、面白さをつくづく感じる。駆け出しの時の薬物偏重の姿勢は、きっと「自分自身の言葉に対する自信のなさ」の裏返しだったのだろう。では今は自信満々かというとそうでもないが、少なくとも、診療の道具として薬と言葉は大切な両輪であることは自覚している。

俺とは逆に、駆け出しの頃には精神療法に憧れ、薬物療法に消極姿勢だった先生が、歳を重ねて薬物療法も駆使するようになるということがあるだろう。きっと、どちらが良い悪いということはない。最終的な到達地点として、薬物療法と精神療法とでバランスのとれた医療を提供できるようになれば良いのだ。

今回読んだのは、


18人の筆者が、それぞれの思う『支持』についてエッセンスを語る形式。『支持的精神療法』という曖昧模糊としたものを、もう少しきちんと知りたいと考えている若手の精神科医にとっては、とても参考になる一冊。

カニ

DSC01416

2014年11月21日

人はなぜ依存症になるのか

トピラメート(商品名トピナ)という薬がアルコール依存症に対して有効かどうか研究がなされた。対象患者の半数にトピラメートを、残り半数にはプラセボを内服させたところ、トピラメート服用群のほうが改善の程度が顕著であったが、プラセボのほうにも改善は見られた。

興味深いのはここからで、この研究プロセス全体を通じて最も飲酒量の減少が見られたのは、なんと待機期間(研究の対象となる患者を予備選抜して正式に研究登録するまでの期間)であった。予備選抜の過程で研究者と患者が飲酒に関して丁寧に話し合いをしたことが、患者の飲酒問題への認識を高め行動を変えた可能性があるのだ。

ところで、アルコールをはじめとした依存症患者は、無意識のうちに、自分の抱える困難や苦痛を一時的に緩和する物質を選択し、過酷な今を生き伸びて「死なずに済んだ」のではないか。それが依存症の『自己治療仮説』の中にある考え方である。そして自己治療仮説は、依存症というものを、
「患者が自分で引き起こしたもの」と決めつけるのではなく、「まちがった方法であったかもしれないが、問題を解決するための試みであった」と捉えることを可能とする。
そこで治療者は、
依存症患者に対して、「その薬物をつかってどんな風になったかではなく、その薬物があなたに何をもたらしてくれたのか」を尋ねる必要がある。
人はなぜ依存症になるのか 自己治療としてのアディクション

本書は非常に良い本だと思うが、値段のわりに誤字が多すぎる。1‐2ヶ所なら許容範囲だが、こうも多いと辟易する。訳者・松本先生の責任というより、これは編集者の怠慢だろう。もう少し丁寧に読んでチェックした後に出版すべきだ。

<関連>
酔いどれ精神科医が語る 『アルコール依存症とはなにか』

海のような空

IMG_9370
空と海は、きっと兄弟なのだ。

2014年11月19日

スタッフが医師のミスを指摘しやすいと、大惨事が減る

看護師にとって、医師のミスを指摘するのは非常にストレスを感じることである。だから、俺が病棟で何らかのミスを指摘された時には、

「誰が気づくか試したんです(笑) さすが○○さん!」

などと場を和ませるようにしている。ただし、ミスを深刻に受け止めない態度では信頼を得られないので、最後にはきちんと、

「ありがとうございます、助かりました」

と述べる。こういうことを何年間も地味に繰り返してきて、最近では、

「先生、また試したでしょ~(笑) 見逃しませんよ」

なんて言いながら笑顔でミスの指摘をしてくれる。

これとは逆に、ミスを指摘されると不機嫌になり、中には怒る医師もいる。あたかも指摘したほうが悪いと言わんばかりに舌打ちするような医師も、残念ながら確かにいるのだ。こういう医師に対するミスの指摘は、看護師にとって恐怖の仕事になる。そしてこれは、将来的な大惨事につながる第一歩でもある。


スタッフを味方にできない医師は裸の王様なのだ。


<追記>
では患者はどうすれば良いのか。
医師と看護師が、緊張関係を保ちながらも和気あいあいとしているのが理想である。医師と看護師が馴れ合いの関係になっていると、ずさんな医療によるミスが起こるであろう。その逆に、上記のように医師が恐怖政治のようなことをやっていると、やはり大惨事の礎になる。要はバランスの問題である。

ヨダレを垂らす竜

IMG_9476

2014年11月18日

2歳半のオンナ

IMG_0161
ある日、お菓子を食べている俺に2歳半のサクラが、

「おいしい?」

と顔を覗き込んできた。

「うん」

「『うん、おいしい』って言って! 」

「うん、おいしい! 」

「本当においしい!?」

半分嬉しそうな、半分疑わしそうな顔と声。


2歳半でもオンナやなぁ(笑)

仕事は楽しいかね? 2


すべての自己啓発本は「ヒント集」である。そこに正解は書いていない。ヒントを集めて、自分なりの正解を導き出すしかないのだ。

本書のテーマは、

『良い上司になるには? 良い部下になるには?』

前作に引き続き、二人の会話のやり取りがメインで、たくさんのヒントがちりばめられている。

裏庭からの朝焼け

IMG_9361

IMG_9398
その日によって違う表情。

IMG_9366

2014年11月17日

天国への旅立ちを知らせる猫


老人ホームに住む猫・オスカーには、
「死期の近づいた入居者が分かるらしい」
そんな奇妙な噂がある。その人が亡くなる直前に居室に現れ、ベッドの上で患者に寄り添い、息を引き取るのをそっと見守るというのだ。

その施設で働く著者・ドーサ医師は、最初は施設職員が語る噂を信じようとはしなかった。しかし、オスカーを観察していくうちに、オスカーには「なにか」があると考えるようになる。

本書はなんと、医師なら知らない者はいない権威ある医学雑誌NEJM(ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン)に連載されたエッセイで、多少の脚色は混じっているだろうが実話である。

自分自身、精神科医として認知症の患者やその家族、施設スタッフと接する機会が多いだけに、本書の内容は身近であり、かつ考えさせられた。

ドーサ医師が学生時代に受けた授業を回想する場面があり、その講師の言葉が印象的だったので少し長いが抜粋引用する。
「医療の現場では、医師はよく診断を追及するというあやまちを犯します。いいですか、わたしがここで言いたいのは、病名の診断などさほど重要な問題ではない、ということです。内科医にとっては重要に思えるでしょうし、多くの患者さんもまたそれが重要だと思うでしょう。でも、請けあいます。たいてい、それは見当違い。だって自分の病気が進行性核上性麻痺なのか、アルツハイマー型認知症なのか、ピック病なのか、それともレビー小体型認知症なのか、患者さんがほんとうに気にかけると思いますか?
医師にとっては、とても重要です。病名は、わたしたちが互いに情報を伝達する言語ですから。疾患を定義し、それについて話すうえで役立ちます。しかし、患者さんにとって同様に重要であるとは言えません。
その病気によって自分の生活が変化するかどうかを、患者さんは一番気にかけます。この病気で自分は死ぬのか? 病気になってからも歩いたり、身の回りのことをしたりできるのか? 夫や妻、子どもの世話はできるのか? 痛みはあるのか? 患者さんがいちばん気にかけるのは、そうしたことなのです」
最後に「後記」として、ドーサ医師が認知症の人の介護をしている家族へのアドバイスを5つ挙げているので、これもまた抜粋して紹介しよう。

1.自分自身を大切にしよう。
長期にわたり、一人で責任を背負いこみ、成功した人などいない。

2.現在を生きよう。

3.長い目で見ながらも、ささやかな勝利を祝おう。
「食欲が上向いた」
「あるモノの名前を覚えていた」
そんなささやかな勝利を。

4.質の良い介護を求めよう。
違いを生むのは、施設と家族の関わりである。

5.愛して、手放そう。
どんなに最愛の人であっても、最後には手放すしかない。それは施設に入所させることかもしれないし、死期が迫ったとき自然なかたちで看取ってあげることかもしれない。いずれにしろ、認知症の終末期の人を手放すのは敗北ではない。それは、愛ある行為なのだ。


今や日本は超高齢社会であり、認知症の問題を避けて通れる人はごく一握りだ。

いま介護している人と、いずれ介護される人たちへ。
それから、猫好きな人と、そうでない人たちへ。

この本をお勧めしたい。

もふもふユウ

DSC_1827

DSC_1822

とんび

IMG_9338

2014年11月14日

抗てんかん薬エクセグランの処方意図が判明‏

ある女性が脳出血で他院に運ばれ、手術は受けず保存的に治療された。その後、リハビリ目的で当院内科に転院した。そして、その病棟でひどいせん妄があったため精神科に紹介されてきた。

処方を見ると、転院前の病院で抗てんかん薬のエクセグランが開始されていた。本人や家族、看護サマリなどを詳しく調べてみても、彼女にはてんかん発作の既往がなかった。エクセグランはせん妄などの精神症状を起こしやすい。そこで思いきってエクセグランを中止すると、速やかにせん妄が治まった。

てんかんではないのにエクセグランを処方されていたのかが疑問で、それはこのブログにも書いた。
抗てんかん薬を予防的に投与するのが正しいのかどうか

ちょっと前、薬の本を読んでいたらエクセグランの項目に、
脳保護作用は、脳外科手術後にも一般的に使用される程度に認知されつつある。
という記載を見つけた。なるほど、そういう理由だったのかと腑に落ちた。とはいえ、せん妄などの精神症状を起こすこともあるのだから、脳保護作用を期待する場合には少量から経過をみながら増量すべき薬だろうし、著しいせん妄を起こしながら飲み続けるほどのメリットはないように思える。

エクセグランの脳保護作用はわりと強力のようなので、せん妄その他の精神症状が起こらない限りにおいてメリットは大きそうだ。

夕映え天使


浅田次郎の短編集。面白かった。その他、あまり書くことがない。

ユウ、お風呂に入る

IMG_0164
平成26年6月28日、生後1週間もしないころ。

IMG_0165

IMG_0166

IMG_0168

2014年11月10日

エボラと野焼きと複雑系

野焼きをしたことがある人なら分かると思うが、小さな火が風もないのにどんどん燃え広がっていくこともあれば、風に吹かれて一瞬だけ大きく燃えたあとはすぐに鎮火してしまうこともある。風の向きと勢い、草の分布や乾燥具合、その他たくさんの因子が絡まりあって、火の勢いや広がりかたを決めるのだろう。

個々の要素に分けて考えれば、東から風が吹けば炎は西に向かうし、風が強ければ火は拡がる。草の分布の多いほう、乾燥しているほうが燃えやすいだろう。ところが、いろいろな要素が絡まると、予想と結果がぜんぜん違うということがある。そんな姿を見ていると『複雑系』という言葉を思い出す。
複雑系とは、相互に関連する複数の要因が合わさって全体としてなんらかの性質(あるいはそういった性質から導かれる振る舞い)を見せる系であって、しかしその全体としての挙動は個々の要因や部分からは明らかでないようなものをいう。
Wikipediaより 
エボラ・ウイルスは5種類あり、それぞれザイール、スーダン、コートジボワール、ブンディブギョ、レストンといった具合に、最初にウイルスが分離された地名が名づけられている。そしてそれぞれが、これまで数回にわたって小規模流行を起こしているが、いずれも局地的なもので終わっていた。今回のエボラ大流行の原因はいろいろと考察されているが、実際のところは野焼きと同じで、きっとさまざまな要因が少しずつ影響しあって、結果として今のような大惨事になっているのだろう。

<関連>
歴史は「べき乗則」で動く-種の絶滅から戦争までを読み解く複雑系科学

天才か(笑)

IMG_0162
ある日、サクラに、
「いま何時?」
と聞いてみたら、
「2さいじ!」
と即答。

天才か(笑)

野崎まど劇場


なるほど、こういう小説の書き方もあったか、という新しさを感じる本。あまりにぶっ飛んでいるので、合わない人にはまったく合わないと思う。俺はかなり笑いながら楽しめた。

2014年11月7日

ママをイジメちゃダメ!!

DSC01529
体調不良の妻に、サービスのつもりで足の裏を指圧してあげた。そうすると、普段はかなり強く押しても平気なのに、ちょっと押しただけで「ギャーッ」と悲鳴をあげるではないか。

足裏のツボ、おそるべし。それでも続けて欲しいというので押し続けた。すると、悶絶する妻の姿を見たサクラが、怒った顔と声で、

「パパ、だめよ!」

と俺と妻の間に割って入ってきた。イジメていると思ったのかな。その勘違いが可愛らしくて、指圧の手を休めてサクラを眺めていた。するとサクラ、妻に向かって、

「ママ、ありがとうは?」

なんて言うのだ!! 

イジメから助けてあげたと思っているのだろう。そして、それに対してお礼を言えということか!!(笑)

これには俺も妻も爆笑してしまった。そして、二人でサクラを抱きしめた。

「ありがとう!」

鬼に喰われた女


平安時代を舞台にした、エロチックな10の怪異譚。特別に面白いということもないが、エロスっぷりはなかなかだった。

セルフ・シャドウ・ポートレイト

IMG_9268
数週間に一回、近所の工場から漏れる強烈な光で。

2014年11月6日

子どもの発想 オバケとライオン

IMG_0154
もう寝ようかという時間になって、サクラがシャボン玉をしたいと言い出した。ダメだと言っても、そこは2歳半、なかなか聞き入れようとしない。そこで、

「こんな遅い時間に外に出たらオバケがくるよ」

そう脅しをかけた。こういう脅しは良くないと思うが、田舎の夜は真っ暗で、大人だってオバケが出そうで怖いくらいだ。今後、子どもが夜中に外に出たがらないようにするためにも、多少の脅しは許されるだろう。ところが、いつも弱気なサクラがこの日は強気だった。

「オバケ、こないよ!」

この逞しさが他の場面でも欲しいなぁと思いつつ、オバケの怖さを繰り返した。

「オバケ、くるよ~」

「オバケ、こないよ!」

「くるよ~!」

「こない!」

こんなやり取りを繰り返しているうち、サクラがふと言葉を止めた。そして心配そうな顔で……、

「ライオンもくる?」

聞いた瞬間に思わず吹き出してしまって、そんな俺の姿を見たサクラはキャッキャと笑って飛びついてきて、そのまま仲良く寝室に行って寝たのであった。

子どもの発想、面白いなぁ。

ようこそ、我が家へ‏


主人公は50代の銀行マン。電車で割り込み乗車しようとした男を注意したところ、さまざまなトラブルに巻き込まれることになり、同時に仕事のほうでもつじつまの合わない出来事があり……、という現実にありえそうな怖い話。男性のプライベートと仕事の両方で起こるトラブルをバランスよく描いている。

面白かった。

妹ユウを見つめるサクラ

DSC01584
ユウはこのとき、生後1週間。

すくすく

DSC_0162
平成26年7月28日の写真。今はもっと大きい。

2014年11月5日

鼻炎に効く漢方薬 小青竜湯

ひどい鼻炎で苦しむ妻に漢方薬『小生竜東』(しょうせいりゅうとう)を処方した。すると、かなり効果があるようで、妻いわく、
「アレグラよりも効きが早い」
とのことであったが、俺は半信半疑だった。あまり漢方薬のことは知らないのだ。

この小青竜湯を知るきっかけは、病棟の看護師Kさんである。Kさんと彼女の息子はひどいアレルギー性鼻炎で、アレグラなどの代表的な抗アレルギー薬をあれこれ試したが、どれもうまく効かなかった。そこで自ら調べて小青竜湯を知り、ある日、
「先生、この漢方薬を出してください」
と頼まれたのだった。そして数日後、もの凄く良いという評価だった。

俺もまれにひどい鼻炎になるが、そんな時はたいていアレグラを飲むことにしていた。ある日、やはり朝から鼻炎がひどかったので、試しに小青竜湯を飲んだところ、確かに良い。妻の言うように、アレグラよりも効きが早い気がする。

眠気の副作用というのもあまりないようで、鼻炎治療の選択肢としてお勧めしたい薬である。

ツムラ小青竜湯

明日の幸せを科学する


面白かったけれど、具体例を挙げる時に必ず一つアメリカン・ジョーク(?)を入れてくる。このあたりを受け容れきれるかどうかで評価が分かれそう。

4ヶ月のユウ、歯が生えてきた……

IMG_0121
写真は生後1週間、平成26年6月28日のもの。

IMG_0122
長女サクラは1歳過ぎても歯が生えなくてハラハラしたが、次女ユウは生後5ヶ月を待たずして歯が生え始めた。

IMG_0123
子どもはそれぞれ成長の違いがあるとはいえ、姉妹でこうも違うのかと驚くやら面白いやら。

IMG_0124
さて、どんな美人に育つのかなぁ。

2014年11月4日

医者は現場でどう考えるか


腫瘍内科医の友人が勧めていたので買ってみたら、これが非常に面白かった。

著者のグループマンはハーバード大学医学部の教。、この本は一般人向けと書かれてはいるものの、医師が読んでもすごくためになる本だ。

また、「この本を書くにあたって、精神科医については奥が深すぎるので除外する」と精神科を持ち上げるようなことが書いてあるが、実際には精神科医が読んでも参考になることが多く、また刺激的だった。

本書は翻訳者・美沢惠子の力量も素晴らしい。医師でこそないものの、国際化学療法学会、国際移植学会、アレルギー・免疫学会、小児科学会、救急医療学会、看護学会などに所属し、医学論文の翻訳に従事しているようで、さすがと頷くレベルの訳に仕上がっている。

医療者・非医療者にかかわらず、多くの人に勧めたい本。

ただし、値段が高い。現時点では中古でも1000円超える。これは購入者泣かせ。これくらいの値段にしないと執筆者・訳者・出版社の利益が出ないのも分かるのだが……。図書館にあれば理想か……。

砂場であそぼ!

IMG_0024
妻の実家にある手作り砂場。撮影したのは平成26年6月14日。あれからもう4ヶ月も経ったのか……。

IMG_0025

IMG_0026

IMG_0027

IMG_0030

IMG_0032

IMG_0033

IMG_0034

IMG_0036

IMG_0037

DSC01205

DSC01206

IMG_0041

IMG_0042

DSC01209